ネットワークカメラにどうしてダイナミックドメインサービスが必要なのですか?

自宅または社内に取り付けられたネットワークカメラの画像を同じネットワーク(LAN)内に接続されたパソコンからアクセスするのであれば、ネットワークカメラに割り当てられたIPアドレスに直接アクセスすればいいわけで必要ありません。ただしIPアドレスだと例えば、192.168.11.150などという数字の羅列なので覚えにくいですけど。

それでは、社内または自宅内にあるネットワークカメラを外出先のパソコンやスマートフォン、タブレット端末などからアクセスしたい場合はどうしたらいいのでしょうか?

それには、ネットワークカメラをインターネットのネットワーク内に参加させなければなりません。社内または自宅内のインターネット回線で固定のIPアドレスを割り当てている場合は、ネットワークカメラに直接そのIPアドレスを設定すればいいのですが、これではセキュリティ上問題がありますので、通常はルーターを使います。たいていの自宅向けのプロバイダで契約していると、固定のIPアドレスは割り当てられませんので、必然的にルーターが必要になってくるでしょう。無線ネットワークカメラの場合には、無線対応ルーターが必要になります。

固定のIPアドレスであれば、そのIPアドレスに直接アクセスすれば、外出先からカメラにアクセスできますが、一般の場合はプロバイダが動的にIPアドレスを割り当てます。そのためネットワークカメラにアクセスするのに、その都度異なるIPアドレスを指定しなければなりません。

そこでダイナミックドメインを使って解決します。ダイナミックドメインの仕組みは以下をご覧ください。

カメラ内蔵(またはルーター内蔵)のダイナミックDNS機能を使って、現在のネットワークカメラのIPアドレスをDDNN.JPへ知らせます。それによっていつでもホスト名+ドメイン名でカメラにアクセスできるのです。

どのメーカのネットワークカメラでも対応していますか?

いいえ。残念ながら全てには対応しておりません。

前述の通り、ネットワークカメラに内蔵のダイナミックDNS機能を使って、現在ネットワークカメラに割り当てられているIPアドレスをDDNN.JPのサーバーに通知してくれなければなりません。カメラの種類によってはダイナミックDNS機能はあっても、固定のダイナミックドメインサービス宛にしか情報を通知しないものもあります。このようなカメラでは使うことができません。

対応しているネットワークカメラの一覧はこちらにあります。

ホームカムサービスではお持ちのネットワークカメラが対応しているかどうかを確かめるために無償で使用することもできます。(無料版は制限事項あり)

またできる限り多くのカメラに対応したいと考えておりますので、お問い合せよりご質問、ご要望をお寄せください。

私の使っているネットワークカメラは、ホームカムのサービスに対応していないのですが?

もしお持ちのネットワークカメラがホームカムサービスに対応していない場合には、2つの別の方法があります。

ルーターのダイナミックDNS機能を使う


もしお持ちのネットワークカメラがホームカムサービスのダイナミックドメインに対応していない場合には、ルーター側にあるダイナミックDNS機能を使ってください。もちもん、こちらも固定のダイナミックドメインサービス宛にしか情報を通知しないものもあります。このようなルーターでは問題は解決できません。


HomeCamUpdater を使う


ネットワークカメラまたはルーターにあるダイナミックDNS機能がホームカムサービスに対応していない場合には、ホームカムサービスが提供するHomeCamUpdaterアプリケーションを使う方法があります。

これを使えば確実ですが、ネットワークカメラとルーターの他にHomeCamUpdaterアプリケーションをインストールしたスマートフォン、タブレット、パソコンを同時に稼働しておかなければなりません。